演劇集団 円
b
b
b

 


作=角ひろみ 演出=國峰眞 
シアターX(カイ)  5月19日[金]→28日[日]
出演=高林由紀子 大谷朗 高間智子 山崎健二 横尾香代子
 上野直美 石井英明 吉澤宙彦 戎哲史 坂本晃 馬渡絢子

2014年女流劇作家シリーズの中で上演された「囁谷シルバー男声合唱団」の作者角ひろみ氏が再登場。前回に引き続き、どこかに取り残されたような土地に生きる人々の日常を描きます。
遠くない未来の退屈な観光地。ダム湖の崖から見下ろす、集落より離れたところにある老夫婦の営む古い宿。宿は寂れきって、宿泊客もまばら。2人はそれを受け入れられない。夫はだまされてばかり、妻はあやかしばかり見ている。
この地に残る人々の、消えまどう爪の灯のような不条理でつましい愛の爪痕ファンタジー。
構成・演出=ファビアン・プリオヴィル  ドラマトゥルク=長島確 
演出補=瀬山亜津咲
吉祥寺シアター 9月8日[金]→17日[日]
  出演=石住昭彦 伊田臣弥 岩崎正寛 牛尾茉由 大窪晶 鈴木佳由
     谷川清美 玉置祐也 手塚祐介 原田大輔 原田翔平
     瑞木健太郎 薬丸夏子 吉田久美  渡辺穣

ドイツを拠点に世界で活躍するダンサー・振付家・演出家のファビアン・プリオヴィル氏を迎え、彼独自のシニカルで人間味溢れる世界を円の俳優とともに創ります。「Double Tomorrow」=「ふたつの明日」「かさなる明日」「それぞれの明日」等の意味を持たせた造語であり、このキーワードより想起される様々な事象を演劇、ダンスといったジャンルを超えて、世界で起きている「今」という瞬間を切り取り、希望という「明日」を生きるための新たな創作舞台作品として築きあげます。

   
作・演出=内藤裕子  
シアターX(カイ) 12月20日[水]→27日[水]
出演=野村昇史 佐々木敏 岡本瑞恵 上杉陽一 小川剛生 馬渡亜樹
薬丸夏子 清田智彦 近松孝丞 相馬一貴  新上貴美 平田舞

故・岸田今日子の企画によりスタートし、毎年クリスマスの頃に公演を続けている円・こどもステージ。
今年は円の演出家であり、自ら脚本も手掛ける内藤裕子の登場です。
狂言や童話の世界に想を得て子どもも一緒に楽しめる作品を上演してきた円・こどもステージ。
今回は“落語”が登場します。お囃子ことば-ぞんぞろり-にのって舞台はすすみます。
滑稽話を入り口に日本語のもつリズム、響きの中に、ばかばかしいことに懸命になる大人たちの姿を描き、失われつつある人間同士のつながりや思いやりを、子どもたちと共に楽しみます。